History

1986
Ishibashi Suisan established
Jun.1986
Megumi Suisan established
Nov.1999
New processing plant is set up in Jogashima-ku Nishiyama 658-151
Feb.2000
Capital increased to 10 million yen
Apr.2000
Reorganized as a corporation and named Misaki Megumi Suisan.
Mar.2001
Transferred the food-service department which conveyor sushi restaurant etc. to Neo Emotion Co., Ltd. and became independent as an affiliated company of the food-service industry.
Sep.2002
Along with the diversification of the nationality of deep-sea tuna fleets, started importing Maguro(tuna) from Korea and other countries.
May.2004
To respond to a diversified customers' request, tranceferred and expanded the factory to Jogashima 658-142.
Mar.2008
Along with the expansion of the restaurant business of Neo·Emoton Co., Ltd., introduced "Megumi Order System" and undertook total purchasing operation of the company.
Oct.2010
Started operationg online shop "Nippon no Megumi (www.nippon-megumi.jp)" .
Mar.2011
Opened Retail supermarket "Megumi Ichiba, ohoka · Gumyoji Store" in Ohoka 3-1-6 Minami-ku, Yokohama-shi (closed in 2017).
Jun.2011
Transferred the processing division of Maguro Cruise Co., Ltd., expanded the processing Department.
Mar.2012
Installed 10kw solar power generation facility and started power generation project.
Oct.2012
Received contract management of freezing facility from Sumiyoshi Gyogyou Co., Ltd., started freezing warehouse project.
Nov.2012
To expand overseas export business, joined the Japanese food exhibition "Oishii Japan" in Singapore.
Oct.2013
Maguro Confit was certified as No.21 of "Regional Industrial Resources Utilization Project Plan". by the Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry, Ministry of Economy.
May.2015
Established subsidiary Company "MEGUMI F & S SINGAPORE PTE. LTD." In Singapore and expanded export business to Singapore, also opened "MAGURO DONYA MIURA MISAKI-KOU" in SUNTEC CITY MALL.
Apr.2017
The HACCP team was launched and preparations commenced for HACCP conversion of the processing plant (planned for approval in 2019).
Nov.2017
Along with the reformed organization structure, Yukio Ishibashi is appointed as Chairman and Representative Director and Isamu Kaneko is appointed as President of the Board.
Feb.2018
FISHSTAND product Maguro Confit was certified as "Kanagawa Nadeshiko Brand 2018" .
Mar.2018
Obtained 80% of the company's share, owned "Kakuta Shoten" as a subsidiary company, also opened Yokohama Office in Yokohama area.
Apr.2018
Established MEGUMI SUISAN US HOLDING INC in the US and expanded direct export business to the United States. At the same time, in the Orange County, California, received a sushi shop and started the restaurant business in the US.
Jun.2018
Transferred ownership of head office and freezing facility from Sumiyoshi Gyogyou Co., Ltd.
1968年4月
石橋水産 創立
1986年6月
(有)恵水産を設立
1999年11月
城ヶ島字西山658-151に加工場を新設
2000年2月
資本金1,000万円に増資
2000年4月
株式会社と改組し社名を三崎恵水産とする。
2001年3月
回転寿司等を運営していた飲食事業部を(株)ネオ・エモーションに譲渡しグループ飲食事業として独立する。
2002年9月
遠洋マグロ船の多国籍化にともない、韓国及び諸外国よりまぐろの輸入を始める。
2004年5月
多様化する得意先の要望に対応するため、城ヶ島658-142へ工場を拡張し移転する。
2008年3月
グループ会社の(株)ネオ・エモーションの店舗拡大に伴い、恵発注システムを導入し同社の仕入れ業務を一括請負う。
2010年10月
直販サイト『ニッポンの恵み(www.nippon-megumi.jp)』を開設。
2011年3月
横浜市南区大岡3-1-6に小売スーパー『生鮮問直めぐみ市場大岡・弘明寺店』をオープン(2017年撤退)
2011年6月
株式会社マグロクルーズの加工部門の譲渡を受け、加工部門を拡大社屋に
2012年3月
10kwソーラー発電設備を設置し、発電事業を開始。 
2012年10月
住吉漁業株式会社より住吉漁業城ヶ島冷凍庫の管理委託を受け、冷凍倉庫事業を開始。
2012年11月
海外輸出事業拡大の為、シンガポールにおいて日本食の展示会『Oishii Japan』に出展する。
2013年10月
経済産業省関東経済産業局より、当社オリジナルの試作商品『まぐろコンフィ』が,「地域産業資源活用事業計画」の第21号として認定される。
2015年5月
シンガポールにて現地法人MEGUMI F&S SINGAPORE PTE. LTD.を立ち上げ、シンガポールへの輸出を拡大。同時にSUNTEC CITY MALL内にシンガポール飲食第1号店となる"MAGURO DONYA MIURA MISAKI-KOU"を開店。
2017年4月
HACCPチームが立ち上がり、加工場のHACCP化に向けて準備開始(平成31年に認定取得予定)。
2017年11月
組織変更に伴い、代表取締役として石橋幸男が就任、取締役社長として金子勇が就任する。
2018年2月
FISHSTAND製品の『まぐろコンフィ』が神奈川県のなでしこブランドに認定を受ける。
2018年3月
横浜本場市場内のまぐろ問屋の角太商店の株式取得(80%)により同社を子会社化する。同時に三崎恵水産横浜営業所を開設。
2018年4月
米国にてMEGUMI SUISAN US HOLDING INCを立ち上げ、米国への直輸入を拡大。カリフォルニア州オレンジカウンティにて寿司店の譲渡を受け、レストラン及びインポーター事業を開始。
2018年6月
賃貸物件であった本社及び本社工場を住吉漁業株式会社より譲渡を受け、自社工場となる。